吸引器 インセクトポイズンリムーバー

00004406

アウトドアの必携品 ハイキング、登山、林間学校などに

1,009円(税込)

定価 1,188円(税込)

カタログコード: 502-669
●小型で軽量、誰にでも手軽に使用できます。
●傷口に応じてカップののマウスピース面を差し替えて対応できます。

虫に刺された時ほど不快な事はありません。Dr.ヘッセルはその時の不快感を軽減する方法を考えました。
小型で軽く、誰にでも手軽に使用でき、傷口に応じてカップ両側のマウスピース面を差し替えて使用できます。ご注意:医師の手当てを受けるまでの応急処置です。必ず専門医の治療を受けて下さい。

ハチなどの毒虫に刺されたら直ちに毒を体外に排出する必要があります。
刺されてもあわてず、吸引器で毒を吸出し、さされたところを流水で洗い流し、ただちに病院に
行く必要があります。(手で押し出しても良いのですが、毒液が付着する恐れもあるので吸引器を使用した方が安全です。)

スズメバチの被害は夏の終わりから秋にかけて被害のピークを迎えます。
なぜならスズメバチは9月中旬から10月中旬にかけて繁殖期を迎えるため、非常に攻撃的になるからです。
スズメバチに刺されて死亡する人は年間平均30人程度で、クマや毒ヘビに襲われて死亡する人数より多いのです。

また、スズメバチに刺されるとアナフィラキシーショックと呼ばれる強いアレルギー反応がおきる可能性があります。特に刺されたのが2回目の人は要注意です。約10%の人がハチ毒に対して抗体ができていて、アナフィラキシーになり、そのうち更に約2%の人が過剰に反応して、血圧が下がり場合によっては命にかかわるショックを起こす危険性があります。

万が一スズメバチに刺されてしまったら、こうした吸引器などを使用して毒を傷口から吸い出しましょう。口で吸い出すのは口内に傷がある場合、そこから毒が侵入するので控えましょう。

ハチは黒い物や化粧品のにおいなどに反応する性質があります。
日本人は黒髪の人が多いので注意が必要です。また川辺などでバーベキューをしていた際に
飲みかけのジュースの缶の中に侵入していて、飲もうと口に近づけた時に刺されたという話も聞きます。
刺されたあとも大事ですが、ハチの特性を理解し、刺されないようにする注意も必要です。

●サイズ: 本体:φ2.7×9.3cm、レバー幅:6.2cm
●重量: 12g

PICKUP おすすめアイテム

もっと見る
      
 
 
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
 
【定休日:土/日/祝祭日/年末年始】 営業時間:平日 9:00-18:00

※定休日はメール、電話でのお問い合わせ、商品発送など、ご対応できません。

※定休日もインターネット上からのご注文は受付けておりますが、商品の発送は、休み明のご対応となります。  
 

カテゴリーから探す